So-net無料ブログ作成

アロマを楽しむ方法を [アロマテラピー]

アロマの効果を使用手順に従って守ることで、
あなたの生活を充実させる手助けになると思います。

ただ、間違った使い方をすると思わぬ反作用を引き起こす事もありえるのですよ。

1、使用者の年齢に注意しましょう。対象年齢外への使用は控えた方が良いです。
2、病気をもっていたり、薬を常用していた場合は注意が必要です。
3、妊娠している女性は控えましょう。
4、肌荒れしやすい方や、アレルギー持ちの人はテストなどを行った方が良いです。

生理痛に効果があるアロマ [アロマテラピー]

生理痛を含め、生理の悩みを
軽くしてくれるのがアロマテラピーなのです。

生理による痛みや生理痛を増幅させる冷えを
改善してくれる効果が期待できるのです。

中でもお勧めのアロマテラピーは
アロマバスやマッサージ、温湿布があげられています。

生理痛や冷えに効くと言われている、
エッセンシャルオイルには
クラリセージ、イランイラン
ラベンダー、ローズなどがあげられています。

お風呂であれば数滴たらしてから、
20分ほど全身浴すると効果的でしょう。

血行が促進されるだけではなく、
香りによるリフレッシュ効果も期待できますよ。

◆受けてほしいマッサージ情報◆
心身ともにアロママッサージを渋谷で受けてリラックスしましょう
噂の出張マッサージが天王寺区にあります

胃腸に効果ありのアロマ [アロマの基礎知識]

胃腸の感染症や肌の問題に効果的な
精油にパルマローザという物があります。

パルマローザはソフィアとモティアの
2つの種類あり香りも異なります。

モティアの方が高品質で価格も高価です。

ソフィアの方は別名ジンジャーグラスと言い、
香りは若干ローズに似ている事から、
ローズの精油の偽和剤として使用されてきたり、
化粧品や香水、石けんの香料としても使用されています。

胃腸の感染症や肌の問題に
効果的と書きましたが、
妊娠中の使用は避けてください。

痛みを和らげるアロマブレンド [アロマブレンド色々]

スポーツなどで怪我をして、痛くて動けない。

だれでも一度は経験する出来事です。

今回は、そんな痛みに効果的な、
鎮痛作用と抗炎症作用がある
アロマブレンドを、ご紹介します。

以下のアロマオイルをブレンドして下さい。

・レモンユーカリ
⇒10滴

・ペパーミント
⇒10滴

・ジュニパー
⇒2滴

・ローレル
⇒20滴

・ローズマリー・カンファー
⇒4滴

・ラヴィンツァラ
⇒4滴

・キャリアオイル
⇒7.5ml

このアロマブレンドは効きますよ。

運動で怪我をしてしまった時には、
非常にオススメのブレンドです。

◆癒しを与えるマッサージ特集◆
マッサージを梅田で楽しみたい人はクリック
アロママッサージで癒されるなら 杉並付近のこの店舗

アロマでヘアケア [アロマテラピー]

女性にとって髪のお手入れは、
肌と同様にとても重要な課題といえます。

健康な髪を保つためには、
毛髪だけではなくて、頭皮のお手入れも
とても大切となっているのです。

美しい髪は、
健康な頭皮から生まれているのです。

ヘアケアに効果がある精油で、
頭皮や髪をケアし、美しい髪を
取り戻してみましょう。

また、フケや脂性髪の悩みなども
多くなっています。

これも頭皮をケアすることによって、
症状は改善していきます。

温湿布を作って、
大きめのタオルで頭全体を
包み込んで蒸すケアがオススメとなっています。
タグ:ヘアケア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。